「一帯一路」の下で中国とクロアチア経済協力


2018.7.23
 中国経済は着実に成長し、「一帯一路」政策提案の下で、ますます多くの中国企業が出てきた。商務部の最新データによると、2018年第1四半期には、中国企業が52か国の「一帯一路」沿線国家に対して新たに36億ドルを投資し、前年比22.4 %の増加額となった。多くの「一帯一路」沿線国家の中で、中国とクロアチアの関係は良好で、実務的協力の成果が顕著になった。
 2018年4月下旬には、理事長の宋中華氏の指導のもと、中潤華通上層部のクロアチア視察の結果、顕著な成果に繋がった。
 「シルクロード観光会議」に参加して、維信312製品を管理サービスプラットフォーム、EUHT超5 G技術などの中国のハイテクプロジェクトをヨーロッパ地区に普及させ、クロアチアザダール市を視察。ザダール市長及び市の事務所主任とザダール経済特区建設の協力合意をした。クロアチアザダール空港の拡張プロジェクト担当者と交流を行い、将来の観光業発展の潜在力を見て、中潤華通は更にクロアチアで旅行業に投資予定。
 企業の強大な海外資源を借りて、中潤華通はより多くの中国のハイテクプロジェクトを率いて、より多くの“一帯一路”沿線国家の人民に“中国の知恵”の魅力を届けます。
 
中国語版   http://zhongrunhuatong.com/index.php/news/info/180.html